室生寺
場所 奈良県宇陀市
宗派 真言宗室生寺派
御本尊 釈迦如来
参拝日 2018/02/11

室生寺は奈良県宇陀市にある寺院で、正式名称を宀一山(べんいちさん)室生寺と言います。奈良時代の宝亀年間(西暦770年~781年)に興福寺の僧・賢璟によって開かれたとされ、現在は真言宗室生寺派の寺院となっていますが、長い間興福寺の別院として栄えてきました。

室生山に建てられた山岳寺院で、古くから女性の参詣が許されていたことから、女人禁制だった高野山に対して女人高野と呼ばれています。

山岳寺院だけあって、奈良の有名な寺院の割には比較的参拝者・観光客の数も少なく、静かな雰囲気が漂う寺院だと感じました。

管理人は30年ほど前に一度訪れたことがありますけど、その時は五重塔の脇の石段を登り、奥の院の方まで行きました。息が切れてキツかったことを思い出します。

今では到底奥の院には行けませんね。